本文へ移動

製造プロセス

<鋳鋼品の製造技術>

 私たちの生活の中で目にする代表的な鋳造品は銅製の置物で、動物・植物など様々な形状の製品があります。
 鋳鋼品は形だけではなく、強度も得られるように工夫されたもので、鉄合金を使用した複雑な形状と優れた機械的性質を同時に合わせ持つことが大きな特徴です。
 鋳鋼品は溶けた鋼(はがね)を鋳型に流し込み、冷却凝固させてでき上がります。古くから行われているのは砂型鋳造法で、木製の模型(木型)を砂に植え込んで形をとります。
 木型には上型、下型、中子があり、たとえば水道の蛇口のような形が複雑で中空のものでもつくることができます。
 このほか、発泡スチロールの模型を使い鋳造完了後は模型を完全消失させるフルモールド法や、蝋を模型に使うロストワックス法などがあります。ロストワックスは精密鋳造に最適な鋳造法として近年大いに活用されています。
①受注
 お客様から製品の仕様と図面をいただきます。
②木型方案
 お客様から頂いた図面をもとに鋳鋼品の元となる木型の設計を行います。
 一般的に木型と呼ばれていますが、木型、金型、樹脂型、発砲スチロール型など様々な種類があり製造条件や経済性を考慮し、最適な木型を作成します。
③鋳造方案
 鋳造法案は、健全で有害な欠陥の無い鋳鋼品を製造する為に重要な仕事です。湯口・湯道・堰・押湯と呼ばれるものを、これまでの経験と知識を生かして各々のサイズや設置位置などを検討します。
④造形
 木型を砂で覆い、砂を固めて木型を抜くことで鋳型と呼ばれる鋳鋼品の元となる型を作ります。
 弊社はVRHプロセスを採用しており、特徴としては鋳型のなりより性が非常に良く、鋳型の水分量も少ないため、割れやブローホール系の欠陥に対して有利です。また鋳型の硬化時間も他の自硬性プロセスと比較すると早いため、量産型にも適しております。VRHプロセスは有害なガス・物質の発生は無く、においもほとんどないので、周辺地域、作業者のも優しいプロセスになります。
⑤溶解
 鋼はわずかな成分の変化で、その性質を大きく変化させる事ができますが、ここでは原料となるスクラップを溶解・精錬し、合金鉄を投入することで目的の成分に調整します。
 エルー式5t電気炉、1t高周波誘導路、0.5t高周波誘導路を各1基所有しており、様々な鋼種、製品重量に対応しております。
⑥鋳込み
 溶けた鉄は1600℃の高温になりますが、それを先ほど造形した鋳型に流し込みます。
 製品が生まれる瞬間であり、また鋳込者の腕によって製品の良し悪しが決まるので、熟練の経験と勘が必要となります。
⑦鋳仕上げ
 溶けた鉄が固まったら砂の中から取り出し、製品として不要な部分を切断・溶断します。
 その後、熱処理、機械加工、グラインダー仕上げなど所定の工程を経て製品となります。
⑧品質検査
 寸法検査や、各種非破壊検査(UT、MT、PT)を行い内部、外部ともに健全であるかどうかをチェックします。

ラサスティール株式会社
〒833-0003
福岡県筑後市羽犬塚324-1
TEL.0942-52-7117
FAX.0942-52-7118


●鋳鋼・鋳物製造および販売
 
0
0
5
3
8
6
TOPへ戻る